×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google

Yahoo! JAPAN



競馬 リンク集

競馬(けいば、英: horse racing)は、騎手と馬が一定の区間をどれだけ速く駆け抜けられるかを競うスポーツである。現在では多くの場合ギャンブルと関連するギャンブルスポーツである。スポーツオブキングス(The Sport of Kings)と言われる事もある。

競馬は競馬場で開催される。一つ一つの競い合いを競走 (race) と呼び、一日の競馬開催でいくつかの競走が行われる。競走では、一般には騎手が馬に騎乗して一定の距離を走り、正規に最も早く決勝線に到達した馬を勝者とする。コース途中に設置された障害を飛越したり、騎手が乗った車やそりを引っ張ったりすることもある。決勝線の到達は概ね馬の鼻の先が決勝線を通過したときをもって判定されるが、ばんえい競走に限っては、馬が引っ張るソリの最後部が決勝線を通過したときをもって判定される(詳細については競馬の競走を参照)。 用いられる競走馬は、平地や障害、速歩競走ではサラブレッド、サラブレッド系種、アラブ、アングロアラブ、アラブ系種の軽種馬もしくはクォーターホース、スタンダードブレッド(アメリカントロッター)等の中間種が用いられ、ばんえい競走では重種馬が用いられる。 競馬の世界は優勝劣敗が大原則であり、強い馬は強い馬同士、弱い馬は弱い馬同士での競走が基本である。だが、競走の出走メンバーのみを変更するには限界がある。そこで考え出された方法として強い馬には重い斤量を、弱い馬には軽い斤量となるように、負担重量を変更することで、ある程度幅のある競走を組むことができる。負担重量の決定方法としては馬齢戦、別定戦、定量戦、ハンデキャップ競走などもある。 特別競走の中でも特に賞金が高額で、歴史と伝統・競走内容等を考慮し、重要な意義を持つレースとして 重賞が行われる。 さらに各重賞競走の役割と重要性を広く認識してもらい、生産界の指標としての重賞競走の位置づけを明確にするため、グレード制によってGI、GII、GIII に分類される。 GIは競走体系上もっとも重要な意義をもつ根幹競走、GIIはGIに次ぐ主要な競走で、GIの勝ち馬も比較的容易に出走できる内容をもった競走である。 GIIIについてはGI、GII以外の競走である。 GI競走の中でも、3歳馬に対して行われる伝統のあるレースをクラシックと呼ぶ。2006年現在、世界各地でクラシックと呼ばれる競走が行われているが、多くの国が最初に始められたイギリスのクラシックレースを模範としている。イギリスのクラシックは全5競走であるが、うち2競走は牝馬限定戦であり、牡馬が出走可能な2000ギニー、ダービー、セントレジャーの3競走すべてに優勝した競走馬を三冠馬という。ただし生産上の意味合いが薄れ、また距離別の路線が体系化されたこともあって三冠の概念は形骸化している。なお、日本のクラシック競走も全5競走である。

* 中央競馬では2005年10月22日に開催された東京競馬第12競走(16頭立て)において、3番ゼンノエキスプレス(16番人気)→11番カネスベネフィット(12番人気)→4番ケイアイカールトン(3番人気)の順に入り、3連単の配当が1846万9120円(3360通り中3344番人気、総票数450万 4663票中的中票数18票)となったのが最高記録である。 o 重賞競走では2008年10月19日に開催された京都競馬第11競走「第13回秋華賞(JpnI)」の3連単の配当1098万2020円が史上最高額(牝馬限定重賞競走でも最高額)となっている。 * 地方競馬では2010年4月 6日に開催された大井競馬第7競走(16頭立て)において、15番ルドゥーテ(14番人気)→2番アーノルドツヨシ(4番人気)→13番グレイスレイラ(15番人気)の順に入り、3連単の配当が2488万720円(3360通り中3102番人気、総票数33万7137票中、的中票数1票)となったのが最高額である。この記録は中央・地方を両方を含めた国内競馬全体のみならず、国内の公営競技全体においても史上最高額である(重勝式を除く)。 * アメリカでは、2005年5月 7日に開催された「第131回ケンタッキーダービー」で4連単が86万4253.5倍という超高額配当が出ている。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2010 競馬 リンク集 All Rights Reserved.

リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4